ORCA PROJECT 日本医師会総合政策研究機構/日レセご紹介サイト

supported by ORCA PROJECT


ホーム > 日レセを体験

日医標準レセプトソフトお試しサーバのご案内

日医標準レセプトソフトを実際に操作して、日常業務をお試しいただくことが可能です。
ユーザ登録等の操作は不要ですので、どなたでも自由にお使いいただけます。
(原則24時間365日稼働しますが、メンテナンス時にはお使いいただけない場合があります)

お試しサーバをお使いいただくにはJava SE(Java実行環境)が必要です。お使いのコンピュータにJava SEが用意されているか不明な方はJava のバージョンの確認のサイトでご確認いただけます。

お使いいただける環境

お試しサーバは以下の環境で動作確認が行われています。

注意事項
お試しサーバは公開されていますので、登録なさった情報は誰でも参照できてしまいます。実在の医療機関や患者情報の登録は行わないよう、お願い致します。
また、登録なさった内容につきましては、管理者によって定期的にすべて消去される仕様としております。

Javaのバージョンについて
脆弱性のある古いバージョンを使い続けている場合、Webブラウザで不正サイトを閲覧しただけで遠隔から操作できる状態にされたり、情報が漏洩する恐れがあります。
常に最新バージョンを維持していただくことを推奨いたします。

お試しサーバの接続法

1.

お試しサーバをお使いいただく際には、このページにある利用許諾をご確認の上、利用許諾の下に用意された「承諾」ボタンをクリックします。

お試しサーバを利用するためのアプリケーション(jarファイル)のダウンロードが始まります。
デスクトップ等、分かりやすい場所に保存してください。

利用許諾画面

2.

保存したアプリケーション(jarファイル)をダブルクリックで実行すると以下の画面が表示されますので、「接続」をクリックして下さい。

基本設定画面

3.

日医標準レセプトソフトのマスターメニューが開きます。あらかじめテスト用のデータが入力されています。
入力内容はシステムの設定情報で確認できます。
日次業務をお試しいただくには、「01 医事業務」をクリックして下さい。

マスターメニュー画面

4.

業務メニューが開きます。一部の管理業務を除き自由にお使いいただけます。

詳しい操作はオンラインマニュアルで確認できます。

初期ユーザに登録されている患者の一覧は以下からご確認いただけます。

業務メニュー

お試しサーバの利用に役立つ情報

お試しサーバをお使いいただくにあたり役に立つ情報の一覧です。

本ソフトウェアを利用するにあたって

glclient / Javaプログラム(以下、「本ソフトウェア」といいます)は無償で配布されるものですので、本ソフトウェアをダウンロードする利用者は、日本医師会に対して、本ソフトウェアの動作又は不具合によって生じたあらゆる損失(直接的、間接的、付随的、懲罰的又は結果的な損害で、これには、損害復旧のためのすべての費用、報酬・信用・見込み利益若しくは代替製品・サービスの逸失、データ若しくは情報の逸失又はこれらの事象から生じるすべての損害を含みますが、これらに限定されません)について免責し、一切の訴訟上又は訴訟外の請求はしないものとします。 この免責は、日本医師会が本ソフトウェアに関連して配布する証明書及び署名の信頼性に関しても同様とします。

ご利用にあたっての注意事項

お試しサーバはどなたでも自由に患者情報を登録、閲覧できますので、実在患者のデータ入力を行わないようご注意ください。
クライアントソフトのインストールは[ORCAMOクライアント monsiaj インストール方法]をご参照ください。

このページのトップへ


ORCAプロジェクト

日本医師会

ORCAについて
ORCAとは
医療機関ID申請
定点調査研究事業
日医IT認定制度
日本医師会
日本医師会ORCA管理機構
日本医師会電子認証センター
日レセご紹介サイト
ソフトの特長
ユーザ事例
展示・説明会
導入までの流れ
日レセを体験
サポート事業所検索
稼働状況
日レセユーザサイト
更新情報
開発計画
操作ガイド
改正対応
ダウンロード
各種設定
技術情報
介護・特定健診関連
医見書
給管鳥
訪看鳥
特定健康診査システム
サポート
サポート・コミュニティ
OSCについて
お問い合わせ一覧
リンク集