ORCA PROJECT 日本医師会総合政策研究機構/日レセご紹介サイト

supported by ORCA PROJECT


ホーム > ユーザ事例[九州・沖縄]

ユーザ事例

全国から寄せられたお客様の声です。

佐賀県佐賀郡久保田町 しまだこども医院:島田 興人 様

役職   ソフトタイプ 無床診療所版
導入時期 2003年4月 病床数 無床
診療科 小児科 サポート事業所 (株)テクノネットワーク

■日医標準レセプトソフトを選んだ理由

  1. いち早く確実に改正に対応するであろうと思われる点。
  2. コストパフォーマンス;他のレセコンの導入時の価格の高い事といったらはっきり言って時代遅れ。なぜ、白黒のレーザープリンターが60万もするのか?SANYOのレセコンなどのプリンターは、SANYOではなく他のメーカーのものを組み合わせてそんな値段を付けている。

■日医標準レセプトソフトを使って良かったこと

  1. コスト
  2. 簡単にインターネットで数分でバージョンアップできる点。

■今後、日医標準レセプトソフトに期待すること

  1. 基本ソフトの充実。:ウインドウズやマックよりリナックスを使ったのには、いろいろな訳があるのでしょうが、一般的な人には使いにくい。漢字にしてもそうで、人名が全く出てこない(入ってない)し、外字に対応していない。今時、まだこんなのがあるのかと思わされる。日本語入力には他のに比べて5年以上遅れているのではないか?改善していただきたい
  2. もう少し、日常診療にあわせたバリエーションがほしい。たとえば、日報や月報処理等。また、レセプトが打ち出さないと見れないというのも時代遅れでは?当然画面上でできるものと思っていた。期待する事というより、改善してほしい事になってしまう。上げると限が無い。とにかく使いにくい。

■その他(診療科別メリット・地域公費など)

  1. 地域公費に対する対応が、一番問題だと思うが、そのソフトを組むときにリナックス上で同じように組めないため、ウインドウズ上でソフトを組み込んで、画面を切り替えて対応するというのが不思議。だったら最初からウインドウズ上で標準レセプトが動くようにすればすむ事。何か矛盾を感じる。このアンケートは、よかった事ばかりを答えろという内容だが、いいところはあまり無い。実際使っての使い勝手はSANYOのほうが上。実際の診療をした事がある人がプログラムを考えているのか疑問である。それが一番現れるのは、Do処方。何月何日の何番目をDoなど見にくくてしょうがない。実際に合うのは、通し番号がついて何番をDoというやり方が良いはず。早急に改善を。半年以上前にテクノネットワークには言った事ばかりですが、まだ改善される気配が無い。これでは人に勧められない。

このページのトップへ


ORCAプロジェクト

日本医師会

ORCAについて
ORCAとは
医療機関ID申請
定点調査研究事業
日医IT認定制度
日本医師会
日本医師会ORCA管理機構
日本医師会電子認証センター
日レセご紹介サイト
ソフトの特長
ユーザ事例
展示・説明会
導入までの流れ
日レセを体験
サポート事業所検索
稼働状況
日レセユーザサイト
更新情報
開発計画
操作ガイド
改正対応
ダウンロード
各種設定
技術情報
介護・特定健診関連
医見書
給管鳥
訪看鳥
特定健康診査システム
サポート
サポート・コミュニティ
OSCについて
お問い合わせ一覧
リンク集